前頭部の薄毛が気になりだしたら危険信号ですよね。手遅れになる前にどうにか対策したいものです。


 


私も前頭部の薄毛で悩みました(汗)


 


それでいろいろ調べて得た知識を整理しますので参考になればと思います。


 


意外に思うこともあるかもしれませんよ。


前頭部の薄毛が軽い場合


薄毛になってしまうことで、見た目のイメージもあまりいいものではありませんよね。


 


髪の毛のボリュームが減ってしまい、前頭部が薄く頭皮が見えてしまうのをカバーする必要がある方もいるでしょう。


 


薄毛がまだそれほど進行していない場合の対策法としては、髪形を少し工夫して前頭部の頭皮がみえないようにカバーすることも考えられます。


 


ある程度周囲からわからないようにすることも、工夫次第でできる場合があります。


 


前頭部の薄毛が進んだ場合


前頭部の薄毛がかなり進行してしまっている場合には、ちょっと髪形を変えただけではカバーしきれない場合も出てきます。


 


そんな場合の対策法としては、植毛や増毛などの手段を利用するとも選択肢の一つになります。


 


植毛の場合には、人工毛や自分の毛根を利用する地下植毛などの方法があります。


 


増毛の場合には、人工毛を自分の髪の毛に結びつけて髪の毛の量を増やしていく方法などがあります。


 


人工毛の場合には、すぐに見た目を改善することができるので、すぐに見た目を改善したい場合には、人工毛を使った方法を利用してみるのもいいでしょう。


 


自分の毛根を利用する方法は、頭皮に定着させ、そこから髪の毛が生えてきます。


 


生えそろうまで少し時間が必要になりますが、他の自分の髪の毛と同じで成長するため、より自然な髪の毛の状態を保つことができます。


 


薄毛の進行を抑制する


また、前頭部に限らず、薄毛の進行をある程度抑えることも必要です。


 


薄毛の原因となる生活習慣などを改善していくことで抜け毛増加を防ぎましょう。


 


睡眠不足、運動不足やストレスの増加などは、抜け毛が増える原因になると考えられていますので、できるだけ改善していくことが大切です。


 


規則正しい生活を送り、適度な運動をすることや、きちんとした睡眠をとることも重要なことです。


 


抜け毛対策としてだけでなく、自分自身の健康の維持することにもつながります。


 


また、食生活を改善して、頭皮や髪の毛に必要な栄養をきちんと摂取することも抜け毛予防になると言われていますので、可能な限り改善していく必要があります。


 


食生活で薄毛?と意外に思うかもしれませんが、けっこう影響があるようです。


 


なかなか急にすべてを変えるのは難しいものですが、意識するところから始めてみてはいかがでしょうか。


 


>>生え際後退復活のための育毛剤ランキング

薄毛コラム】の関連記事
  • キャピキシルの効果と副作用は?
  • 生え際の髪が薄くなってきたら手遅れ?
  • 生え際が薄い人のための育毛剤は?
  • 薄毛は遺伝?それでも効果がある育毛剤は?【体験談】
  • 前頭部の薄毛が気になる時の対策法は?
  • 生え際がやばいと思ったらやるべきこと
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。