髪が薄くなってきたら薄毛対策しないと手遅れ?

髪が薄くなってきたと感じたら、けっこう焦りますよね(汗)

何か対策を講じる必要があるのか迷ってしまうのではないでしょうか。

実際、私もそうでした(汗)

「あれ?まさか髪が薄くなってきた?」・・・ショックです。

ハゲ対策は大事

かなり深刻な状態でなければ、「まだそんなに本格的に髪が薄くなってきたわけではないので」と、ついまだ大丈夫と判断してそのままにしてしまうのはちょっと危険かもしれません。

もし髪が薄くなってきたと感じたら、すぐに対策を講じるようにしてください。

というのも、早めに発見できると発毛剤が有効に働くからです。

発毛剤の有効性

どうして発毛剤が有効であるのかと言いますと、毛母細胞が健全なうちに発毛剤を利用すると効果があるからです。

薄毛対策が遅れてしまうと、脱毛を促進してしまう物質のジヒドロテストステロンにより毛母細胞が攻撃されてしまい、毛母細胞自体が退化してしまいます。

一度退化してしまった毛母細胞を再度復活させるのは非常に難しいことです。たとえ発毛剤であっても、一度退化してしまった毛母細胞を復活させることは不可能です。

このため、毛母細胞がまだ生きているうちに発毛剤を使わなければいけません。

そのためには髪が薄くなってきたらすぐに発毛剤を使用して毛母細胞を元気にすることが重要なのです。

ちなみに薄毛の兆候が無いのに発毛剤を使用してしまうとどうなるでしょうか。

そもそも薄毛でも無いのに発毛剤を使用すること自体あまり良いことではありません。

発毛剤を使うと副作用が出てしまう可能性があるからです。

副作用の注意

発毛剤によく含まれている成分としてミノキシジルとプロペシアという2つの成分があるのですが、このうちミノキシジルという成分は低血圧、動悸、息切れ等の副作用を引き起こします。

そしてプロペシアという成分は精力を減退させたり、勃起不全を引き起こしたりする副作用に見舞われます。

薄毛にもなっていないのに発毛剤を使用するとこれらの副作用を引き起こす可能性が高くなり、もし副作用が発生した場合はもちろん髪の毛にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

このため、まだ薄毛が進行していない場合は育毛剤を使用するようにしてください。

育毛剤は自然な成分を使用しているのであまり深刻な副作用は発生しないので安心して使うことができます。

副作用の心配がない育毛剤なら

もし、将来的に薄毛や生え際の心配をしたくないので予防の意味で育毛剤などを使用したいと思った場合は天然成分で副作用の心配がない育毛剤を使いましょう。

天然育毛成分であれば、はげる前に予防として使用するのは効果的で賢明な選択でもあります。

>>生え際後退復活のための育毛剤ランキング